facebooktwitterSocial Media Logos grau instagramm

Together We Can Make A Difference
For Those Affected By Sarcomas!

徴候および症状

肉腫は(かなり)遅れて診断されることが多く、相当進行しているか、重要な臓器を含む身体の他の部分に既に拡がっていること(転移性疾患)が多いです。 理由の一つは、早期肉腫には早期診断を可能にする明確な症状がないからです。 別の理由としては、肉腫ではないと誤診され、誤って治療されることが多いからです。 このため、腫瘍が増大、転移する猶予を与えてしまうのです。

軟部肉腫が最も多く発症する部位は四肢(33%)、それに続いて体幹(14%)、後腹膜(19%)です。 頭頸部には合計8%の軟部肉腫が発症します。

軟部肉腫は固形腫瘍であり、新たに、もしくは増大する腫瘤または腫脹として発症します。腫瘤は、神経や臓器に圧力をかけるまでは無痛の可能性があります。 腫瘍が腹部にあれば、胃腸を閉塞させたり、出血を引き起こしたりする可能性があります。これにより、腹痛が引き起こされ、便や嘔吐物に血が混じる可能性があります。

 

下記のような症例である場合は、肉腫を疑うべきです。

  • あらゆる2 cmを超える腫瘤
  • あらゆる新しい腫瘤
  • あらゆる身体深部の腫瘤
  • 急速に成長するあらゆる腫瘤/腫脹
  • あらゆる深部の広大な出血(血腫)
  • 以前に腫瘤を切除した部位で増大しているあらゆる腫瘤

 

全般的に以下のような腫瘍随伴症状がありえます。

  • 食欲不振/早すぎる満腹感
  • 体重増加(明らかな原因がないのに体重が10%増加するなど)
  • 全般的な衰弱/身体活動の低下
  • 疼痛(例えば、腫瘍が神経または周囲の器官を圧迫している場合)
  • 高温/発熱
  • 貧血
  • 胃腸腫瘍の症状には、満腹感、(鋭い)疼痛、出血(血便)、悪心、便秘などがあります。

特定の症状以外に、肉腫は他の理由による定期検診や、以下のような診断の一部として検出されることがあります。すなわち、血腫、スポーツ傷害、良性腫瘍(例えば、脂肪腫、線維腫、平滑筋腫)、ベーカー嚢腫などです。