facebooktwitterSocial Media Logos grau instagramm

Together We Can Make A Difference
For Those Affected By Sarcomas!

研究

F 54984973 Research

現在軟部肉腫で用いることのできる薬物療法は全て、承認を目的とする臨床試験で検証されています。このような臨床試験によって軟部肉腫の治療は進歩し、今日の患者の予後が改善されました。臨床試験は、新しい治療法の価値や患者の生活の質への影響を評価するために不可欠です。

臨床試験に参加することは、軟部肉腫の患者にとって別の選択肢となる治療、ひいては、新規の治療を受けるための大切な手段となり得ます。一方、臨床試験は「一人は皆のために」という精神にも叶っています。患者一人ひとりが臨床試験に参加することによってはじめて疑問が解決され、将来の患者に役立つことにつながるのです。

 

考慮すべきこと

  • 臨床試験に参加することは新たな治療選択肢を得られるというメリットがあります。
  • すべて臨床試験にはリスクとメリット、そして、参加に適しているか(適格)あるいは適していないか(不適格)を判断する基準があります。 試験参加の前に詳細な検査と説明を受けることが極めて重要となります。
  • ほとんどの臨床試験は、新しい薬物治療で見込まれる有益性を検証するために、その新しい薬物治療と標準治療とを比較するべく入念に計画されています。
  • 患者は、いつでも、いかなる理由でも臨床試験への参加を取りやめることができます。

 

臨床試験への参加を検討する際は以下の情報を得る必要があります。

  • 「臨床試験」全般に共通する基本情報
  • 各試験の適格基準と除外基準
  • 予定している試験参加以外の選択肢
  • 現在の病態に関する情報(報告書、画像診断から)
  • 試験参加によって患者自身に及ぼし得る影響(身体的・精神的影響、組織の問題、経済的な問題など)。特に、外国で実施される試験の場合は重要です。
  • 患者の全ての疑問に対する試験責任者または試験実施者からの回答

 

重要:肉腫の治療にあたる医師全員が、その時点で実施されているすべての試験を必ずしも知っているわけではありません。肉腫の臨床試験は通常、いくつかの選ばれた肉腫専門医療機関でしか実施されないため、全国規模の患者団体か肉腫の専門医療機関に相談し、参加できる可能性のある試験を見つけてください。