facebooktwitterSocial Media Logos grau instagramm

Together We Can Make A Difference
For Those Affected By Sarcomas!

経過観察

定期的な経過観察のための診察は再発または転移の可能性を早期に発見することを目指しています。ほとんどの症例では、これらの状況は初回治療後の最初の2年間に発生しますが、その後も10年間モニタリングが続けられることがあります。経過観察は、局所所見を正確に解析し、転移を見つけることに重点を置いています。残念ながら、いわゆるバイオマーカーは存在しません。例えば、血中で測定し、軟部肉腫の再発の可能性を早期に警告することができる検査項目はありません。

今日まで、軟部肉腫患者の経過観察に関する有意義なデータはありません。局在性軟部肉腫の根治的治療後に推奨される経過観察は、局所療法の種類および質、悪性度、原発腫瘍の部位、病理組織学的サブタイプ、局所再発および転移を来すまでの期間の中央値、ならびに個々の症例に利用可能な治療選択肢などに基づきます。

以下の表では、米国のNCCN(全米総合がんセンターネットワーク)ガイドラインに基づいて、個別化されたリスク別のフォローアップ治療指針を提供しています。

 

経過観察期間  1~3年、4、5年、5年以上

四肢、体幹の高悪性度肉腫(腹膜内、後腹膜の肉腫は除く)

問診、診察

3~6カ月毎

6カ月毎

年に1回

胸部CT(胸部X線検査)

3~6カ月毎

6カ月毎

年に1回

腹部超音波検査

                       6カ月毎

年に1回

局所検査 MRI、CT、または超音波検査

予期されるリスクによる

例:6カ月毎

予期されるリスクによる

例:年に1回

 

四肢、体幹の低悪性度肉腫(腹膜内、後腹膜の肉腫は除く)

問診、診察

3~6カ月毎

年に1回

胸部CT(胸部X線検査)

6~12カ月毎

年に1回

任意

腹部超音波検査

6~12カ月毎

任意

局所検査 MRI、CT、または超音波検査

予期されるリスクによる

例:6カ月毎

年に1回

 

腹膜内、後腹膜の高悪性度肉腫

問診、診察

3~6カ月毎

6カ月毎

年に1回

腹部/骨盤CT検査

3~6カ月毎

6カ月毎

年に1回

胸部CT

(胸部X線検査

6カ月毎

6~12カ月毎

年に1回

 

腹膜内、後腹膜の低悪性度肉腫

問診、診察

3~6カ月毎

年に1回

腹部/骨盤CT検査

3~6カ月毎

年に1回

胸部CT(胸部X線検査)

任意,

例:6~12カ月毎

年に1回